Skip to content

ヨガウェアは細部にまでこだわって選ぶべき

動きやすければ何でも良いなどと考えて選ぶと、後悔してしまうかもしれません。

中でも胸元の開き具合は見逃してはいけない部分です。なぜならヨガは前屈やうつ伏せといったポーズが多いため、ヨガウェアによっては胸が丸見えになるのです。そんな事態を避けるためにも、一度試着してみて、体を前に倒してみましょう。その時にどの程度胸が見えるのかを確認してから購入したいです。また、丈の長さにもこだわっておきたいところです。

あまりにも短いと、前屈した際に後ろから下着が見える、体を反らすとお腹が出るといったことになります。それではヨガに集中できませんが、裾の長いと今度は邪魔になるかもしれないため、ちょうど良いものを探したいです。とはいえ、なかなか自分に合ったヨガウェアが見つからないなら、キャミソールやタンクトップの中にシャツを着ます。そして裾の部分はパンツにインしておくと良いです。ヨガウェアのズボンについてですが、サルエルパンツを選んでみるというのも良い方法です。

生地が多いので邪魔になるのではと考える人も多いでしょう。ところが開脚した際には下着が見える心配がないです。おまけに膝周りに余裕があるため、引っかかることがないのでスムーズに動けるのです。ただ、生地がひらひらと揺れるのが嫌なら、レギンスにしておくのが無難です。よく伸びる素材のものにすれば動きの妨げになりません。もしもお尻や太もものラインがあらわになるのを避けたいなら、上にショートパンツを履けば問題解決です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *